歯科治療で健全な歯をキープ|最善の対策をして白く光る

治療の欠点と利点

歯型

入れ歯やブリッジといった失った歯を再生させる治療方法に変わって、インプラントの需要が高まってきました。インプラントは歯が欠けた部分の顎の骨に、人工歯根を埋め込んで本来の歯を取り戻すといった治療方法なのですが、治療後の仕上がりが良く、第三の歯と言われるほど定着率も高いので、今までの治療方法に比べて十分な効果を感じることができます。しかし、インプラント治療をするなら事前にメリットとデメリットを知っておき、治療後も快適に過ごすための対策を考える必要があります。

まず、インプラントの欠点といえば治療に時間がかかるという点です。インプラントは治療効果が高い分、打ち合わせや治療を複数回重ねながら徐々に進めていかなければいけないので治療が終了するまでに最低でも3カ月ほどかかります。しかし、これはスケジュール管理をしっかり行なって早めに仮歯を作るなどの対処を行なえば、治療期間を短くすることができます。また、インプラントは保険が適用されないので治療費が高くなる場合があるのですが、事前に複数の歯医者の費用を見比べることで治療費を安くすることができます。このようなデメリットに対して、インプラントには周りの歯に与える負担を軽減させられるというメリットがあります。通常、ブリッジや入れ歯などの治療では健康な歯を削る必要があったのですが、インプラントは欠けた歯のみに治療をすることができるので、健康な歯にダメージを与えることもなく、他の歯が割れてしまうことを防げます。